PAGES

GUIDE

DATA

教務ガイダンス

ソーシャルデザイン学科全般に関する事項|1年次2年次3年次


学びの趣旨

情報デザイン専攻

芸術的感性と情報通信技術(ICT)で、「面白い!」をデザインする

  • Keywords
    Webデザイン、視覚と聴覚(画像と音響)、編集
    インタラクションデザイン、デザインイノベーション
  • 教育方針
    視覚(画像)情報と聴覚(音響)情報に関する知識と、芸術的感性をあわせ持ち、Webを代表とする様々な情報媒体において、「面白い!」デザイン提案のできる人材を育成する。資源消費の少ない情報媒体の活用によって、持続可能でかつ文化的に豊かな社会の実現に貢献する。
  • 修得する能力
    • 視覚と聴覚(画像と音響)に関する専門知識と、芸術的感性
    • Webメディアをメインフィールドとしたプログラミング能力と、
      新規性あるコンテンツの開発能力
    • 哲学的思考を基盤とした、問題解決能力と、「面白い!」の提案力
  • 卒業後の進路*1
    • Webデザイナー、IT・映像・広告・出版業界のデザイナー
    • 企業・NPO法人の企画・総合職(デザイン・ディレクター)
    • 学校・文化施設等における教育・研究職
    • そして、今はまだ存在していない職業

地域ブランド企画専攻

地域活性化!デザインでブランドづくり、まちづくり

  • Keywords
    ブランディング、デザインプランニング、デザインマネジメント
    アートマネジメント、地域文化、美術史、デザイン史
  • 教育方針
    地域社会のブランド構築に必要な専門知識と問題発見・解決提案能力を習得させることを目指し、地域連携の核となるような人材育成を目指す。 また、理論と実践を兼ね備え、地域社会で活躍できるデザイナー、プランナー、プロデューサーを育成する。
  • 修得する能力
    • 地域の文化や産業のブランディングについての情報収集分析や
      解決プロセスについての専門知識
    • 社会からみた問題発見や問題解決のための発想力、創造力と感性力
    • 事例をもとにアイデアから具体的デザイン提案迄のブランド開発と実践力
  • 卒業後の進路
    • ブランドプランナー(マスコミ、広告、販売・サービス、製造業)
    • 文化事業プラナー (文化財団、文化施設、公務員、製造業)
    • 学校・文化施設等における教育・研究職
    • そして、今はまだ存在していない職業




履修規定

はじめに

ここでは、基本的な事項についてのみ概説します。詳細については、入学時に配布された「学生便覧(入学年度のもの)」に記載されていますので、必要に応じて確認して下さい。

卒業資格

卒業には、以下の授業科目を履修し、かつその単位を取得することが必要です。

  • 修得単位一覧
     
    専門科目必修科目56単位
     選択必修科目18単位以上
     選択科目26単位以上
     
    基礎教育科目導入科目
    実践科目
    教養科目
    全体で16単位以上
     
    外国語科目英語 8単位以上
     
    合計124単位以上
     
  • 科目の種類
    • 必修科目:卒業には、これをすべて取得することが必要です。
    • 選択必修科目:該当する科目から18単位以上を取得することが必要です。
    • 選択科目:26単位以上になるよう自由に選択してください。
       
  • 他学部、他学科、他専攻履修について
    所属専攻に開設されていない授業科目6単位以内に限り「選択科目(上記3項目め)」として振り替えることができます。
  • 履修上の制限・条件
    • 年間に履修できる単位数の上限は 48単位(集中講義を除く)です。
    • 4年に上がるには、3年次までに100単位以上の修得が必要です。
  • その他
    • 上級年次に配当された科目は受講できませんが、下級年次の配当科目は受講することができます(3年生は2・1年生の科目を受講可能)。
    • 時間割上、履修できない科目があっても、来年度以降に履修が可能です。
    • 受講希望者が多数の場合、受講制限がかかることがあります。
      必要に応じて履修生リストが掲示されるので、必ず確認して下さい。
      尚、教職関連科目については、教職課程履修者が優先します。


教職課程について

  • 取得可能な資格
    • 情報デザイン専攻:
      中学校教諭一種(美術)・高等学校教諭1種(美術)
    • 地域ブランド企画専攻:
      中学校教諭一種(美術)・高等学校教諭1種(美術/工芸)
  • 1年次後期から履修開始となります。
    • 1年次生を対象に7月頃に教職ガイダンスが実施されます。
  • 詳細必要な科目について
    • 2018生:学生便覧のp. 〜、情報:p. 〜、地域:p. 〜
    • 2017生:学生便覧のp.321〜、情報:p.339〜、地域:p.340〜
    • 2016生:学生便覧のp.317〜、情報:p.334〜、地域:p.335〜

単位について

本学は前期・後期の2期制です。それぞれ15週の授業が行われ、試験に合格すると単位が与えられます。科目の種類によって単位数が異なります。

  • 講義科目:週1コマ(90分)15週で2単位
  • 演習科目:週1コマ(90分)15週で2単位
  • 実習科目:週2コマ(180分)15週で2単位
  • 外国語科目:週1コマ(90分)15週で1単位

なお、当該科目において出席日数が3分の2以上でないと、試験を受けることができないので、注意してください。

成績評価について

単位認定には、学期末の試験を受けることが必要ですが、芸術学部では授業期間中の課題作品の提出をもって試験に替える科目が多数あります。

  • 評価段階:以下 S 〜 C は単位が与えられます。
    • 秀(S) : 90点 〜 100点
    • 優(A) : 80点 〜 89点
    • 良(B) : 70点 〜 79点
    • 可(C) : 60点 〜 69点
    • 不可(D,E): 59点以下 ( D:再試受験可、E:再試受験不可))
  • 不可となった場合
    • 必修科目が不可となった場合:次年度以降「再履修」して下さい。
      4年生については D:再試験可 の適用により、再試験の受験申請を行って合格できる可能性があります。
    • 選択科目が不可となった場合:次年度以降、同一科目の再履修か、あるいは他の選択科目の履修で単位を取得することができます。


GPA制度について

GPA(Grade Point Average)とは、科目の評価と単位数を乗じ、その総和を登録科目単位数で割った平均値で、奨学金の採否判定他、様々な場面で成績評価の指標として用いられる値です。

  • GPは以下のとおり
    S:4、A:3、B:2、C:1、 D・E:0
  • 算出方法は以下のとおり
    GPA ={ [科目GP] x [科目単位数] } の総和 ÷ { 履修登録した単位数 } の総和

クラス担任制度について

ソーシャルデザイン学科では、各専攻・学年ごとに担任を配置します。修学相談、学生生活相談の窓口となりますので、随時研究室を訪ねて下さい。

  • クラス担任は、各学年ガイダンスのページに記載します。


2018年度 教務担当教員について

ソーシャルデザイン学科では、教務担当教員を配置します。履修・単位取得に関する相談の窓口となりますので、随時研究室を訪ねて下さい。

  • 情報デザイン専攻  :井上 貢一?
  • 地域ブランド企画専攻:井上 友子?



学生便覧

情報システム・サービス

K'sLife

  • K'sLife学生ログイン
  • IDと初期パスワードは入学時に配布された書類で確認して下さい。
  • パスワードは、すぐに各自で変更して下さい。
  • K'sLife は以下のような場合に利用します。
    • Web履修登録
    • 出欠席状況の自己確認
    • 授業連絡、アンケート等

Office365 サービス

本学の学生は Office365 サービスを利用できます。

AppleOnCampus



*1 新学科の設置にあたり、書類上上記のような「想定される職業イメージ」を設定していますが、ソーシャルデザイン学科では、具体的な将来の職業イメージを設定していません。理由は簡単です。今ある職業の多くが近い将来消えてなくなるからです。本学科の学生さんには、社会の変化に柔軟に対応して、その時その地域で必要とされる新しい仕事を生み出せる人になって欲しいと願っています。
Last-modified: 2018-04-04 (水) 10:13:07 (202d)